良い時代とは一体どんな時代

アーティストを目指す人たちにとって、ITが進化した今の時代はとても良い時代だと言えると思います。
昔なら、自分が作った作品を世の中に知ってもらうためには、写真におさめることが世の中に知らしめる手段しかありませんでした。

写真に収めたものだっって、人から人の手に渡ることによって宣伝効果を得られるのであって、そういったことが期待できなければ世に認めてもらうことも難しかったと言えます。
作品をいろんな人に見てもらうために、個展も開かれますが、この個展を開くにもお金がかかります。
それまで作った作品が売れなければそういった資金も持っているはずがありません。

今の時代がなぜいいと思うのか、それはインターネットを介して世界中の人たちに自分の作品を見てもらうことが可能だからです。
今までのアートと言えば、絵画などの絵や、建築物、彫刻などが代表的だったと思います。

しかし、今ではいろんなものがアートと言われていて、その幅はとても広いものになっています。
中にはバナナに彫刻を施した、バナナアートと言われるものまで存在します。
また、このアートが世に広く知られるきっかけになったのも、ITというもののおかげと言えるのです。

自分の創造性やセンス、感覚を思いのまま表現し、それをすぐにたくさんの人の目に触れさせることができます。
アーティストやデザイナーといった作成する側も、こういったシステムのおかげで次も作品を作ろう、という意欲が湧いてくるのではないでしょうか。

またその意欲は、デザインの世界だけにとどまらず、どの職種、世界においても広がる可能性であること感じています。
自分が「これだ!」と思えるもので人生の勝負をかけるのは、素晴らしいことで大変勇気が伴うものです。ただ、一歩踏み出す前に先に挑戦している先輩方の体験談や、社会において需要が高い分野、挑戦したいと思える求人など、さまざまな視点で情報を集めてみることも必要でしょう。のちの成功のために!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です