出会いの場について

ITが進化し、男性と女性の出会いの場はさらに広がりを見せています。
携帯やパソコンがなかった時代には会う、ということが出会いとなりました。
ポケットベルが普及して若者たちが使うようになったころは、ベル友というものが大流行しました。
知らない番号にかけてお友達になるというものです。
これも、男女の出会いの幅を広げたものです。

ポケットベルの主流期間は意外に短いもので、その後はすぐに携帯電話が普及しだしました。
この時、知らない電話番号にかけてお友達になる、ということがあったのかどうかはわかりません。
もしかしたら、流行はしていないものの、あったものかもしれません。

そして、その後はSNSなどのサービスが開始され、そこで出会いの場を広げる男女が増加していきました。
正直、SNSが流行りだしたころ、出会い系サイトに登録しているのと同じような気がして利用する気になれませんでした。
中には、そういった目的をもって登録している友人もいましたが、理解しがたい行動でした。

しかし、今ではネット上で知り合ったことを人に知られたくないと隠す時代でもないようです。
有名人でも、ネット上で知り合った男性と結婚した女性有名人が存在しているからです。別の友人は、ネット上で知り合った外国人男性と交際がスタートし、去年には結婚しました。

出会ったきっかけがネットというだけで、その後は普通に顔を見てデートをしてコミュニケーションを図っているなら、さほど問題はないと思います。
ネット上で知り合うことが悪いことではないと思うようにはなりましたが、やはり相手が判らないという危険性も十分にあるということをわかったうえで、使ってほしいとも思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です